美容外科選びが重要

医者

ボトックス注射は注入する箇所によって効果が変わってきますので、実績と技術力のある医師に行ってもらうのが一番です。短時間で治療が完了しますし、身体への負担も最小限に抑えられるので手軽に行える施術方法です。

もっと詳しく

カウンセリングを受けよう

注射

ボトックス注射はしわの改善や小顔効果、たるみを改善したり多汗症の治療などにも効果があります。安心・安全性の高い薬剤を使っているので、さまざまな医療現場で利用されている薬剤です。信頼することができる医師の元で施術を受けましょう。

もっと詳しく

プチ整形で悩みを解消

カウンセリング

メスを使わない整形

ボトックス注射とは、食中毒の原因菌でもあるボツリヌス菌を無毒化し、顔の表情皺やエラが張っている部分などに注射することによって、筋肉の働きが抑制される注射のことです。例えば加齢や長年の癖などが原因で出来てしまう眉間や額の深い皺や、目尻の皺は表情皺とよばれています。表情筋が収縮してしまっているためこれまでは手術でなければ改善することができないとされてきました。しかしこうした一度ついてしまった表情皺部分にボトックス注射を打つことで、筋肉が麻痺しますので、皺を改善させたり、皺を目立たなくさせたりする効果があります。ボトックス菌は表情筋による表情皺の改善以外にも、エラの張りの部分の筋肉に打てばエラの筋肉部分が麻痺することで、ハリを目立たなくすることが出来るでしょう腋臭症や、ワキガに悩まれている方の場合だと脇の下の部分に注入することによって汗を抑えることが出来ますので、臭いを改善することができます。ボトックス注射の良い所は、メスを使わず注射針だけで行いますので、誰でも気軽に行うことが出来るという点です。ボトックスは筋肉を動かす皺に効果がありますので、表情皺や顔の張りが気になる方は改善効果が高いので、皺を改善する以外にも顔をシャープに見せ、小顔効果もあるでしょう。またふくらはぎにボトックス菌を入れるとふくらはぎにあるヒラメ筋が麻痺するため、ふくらがはぎ痩せをすることも可能です。美容外科ではボトックス菌を利用した施術メニューが色々揃っていますので、どのような施術を行っているのかを実際に自分で調べてから、行うようにしましょう。ボトックス注射はプチ整形として人気のある施術メニューですので、どの美容外科でも取り入れているのが普通になってきました。ボトックス注射を行う際は美容外科選びも重要ですので選ぶポイントや基準についてご紹介します。施術法はボトックスを患部に注入するだけですので、失敗もすくなく医師の腕はあまり関係ないと言われていますが、やはり施術症例数の多い美容外科を選び、施術になれている医師にかかった方がよいでしょう。ボトックスは出来るだけ開封してから新しいものを使うことが重要だとされており、医療機関では大きな瓶の中に入れられており、瓶を開封後1週間以内に使用しなければなりません。そこであまりボトックスの施術を行っていない美容外科よりは、患者数の多いところを選べば新鮮なボトックス菌を使用している可能性が高まりますので安心して受けることができるでしょう。他にも医師のスキルや実績がどのくらいか、ボトックスビスタ認定医かどうかを確認しておく必要があります。カウンセリングを行う時は、疑問点や不安なこと、施術後の副作用やどのくらい効果が継続するのかなどを医師にしっかり確認を取っておくことも大切です。また自分の悩みやボトックスでそれが改善することが出来るかどうかもきちんと聞いておくべきでしょう。元々むくみ体質や脂肪が多い場合、骨格が原因である場合はボトックスを注入しても悩みが改善されない場合もあるかもしれませんし、既に固定されてしまった深い皺には効果がない場合もあるかもしれません。もしそうした場合であれば、次の改善策などを提案してくれる医師であれば、本当にいい医師であり、よい美容外科だといえるでしょう。

美容整形の注意ポイント

看護師

ボトックス注射は安心・安全に施術を受けることができます。事前にカウンセリングを受けることが可能で、施術内容や費用に関して確認しておくと良いでしょう。ボトックス注射は信頼できる医師の元で施術を受けることをおすすめします。

もっと詳しく