カウンセリングを受けよう

注射

不安な点はクリアにしよう

ボトックス注射はボツリヌス菌のタンパク質から作った製剤で、顔などの筋肉に注射して使います。注入すると筋肉に一過性麻痺を与えることができ、表情筋をマヒすることによってしわなどを軽減することが可能です。注入することで小顔に整えることができ、ボトックスの特性を活かし腋臭症やワキガなどの治療にも利用されています。多汗症にも効果があるとされていて、現在ではいろいろなクリニックにおいて治療に利用されています。ボトックス注射の費用はクリニックによってバラツキがありますが、だいたい1万円ぐらいです。更に初診料や医薬品の処方料、麻酔処置などの費用が加わるので、費用にはかなり差ができることがあります。ボトックス注射を初めて受ける場合、いくつかクリニックを事前に調べておいて施術内容や費用などを比較するとコストを下げて施術を受けることが可能です。ボトックスは身体へのトラブルや副作用が起こりにくいので、安心・安全して利用することができます。一般的にクリニックでは安全面を考慮し事前にカウンセリングを行っています。利用者はカウンセリングを受けることができるので、疑問点や不安に思うことに関してきちんと相談することが重要になります。例えばどのくらい注射を受ける必要があるのか、頻度はどれぐらいになるのかなど、医師に確認しておくと安心して施術を受けることが可能です。間違った部位に注射すると表情のこわばりが現れることもあるので、信頼のできる医師を選択しきちんとカウンセリングを受けることが大切です。ボトックス注射はメスを使うような手術をせずに小顔に整えたり、シワなどをを改善したりすることが可能です。副作用やリスクなどがほとんどないという特徴があり、安心・安全に利用することができます。信頼できるクリニックを選択すると、美しい理想のフェイスラインに仕上げることができるでしょう。ボトックス注射の施術は基本的にカウンセリングからスターとします。カウンセリングだけを受けることもできるので、一度相談してみても良いでしょう。施術する前にしっかり施術する部位を冷やします。次に極細針を使ってゆっくりボトックスを注入していきますが、痛みはほとんどないのでリラックスした状態を維持することができます。痛みが苦手な人は麻酔を受けることができ、状態に応じて注射する場所や薬の量などをアレンジすることが可能です。注射した跡はほとんど分からず、すぐにメイクすることができます。内出血などがある可能性がありますが、しばらくするとましになり消えていくでしょう。ボトックス注射は数ヶ月でその効果がなくなりますが、定期的に施術を受けることで半永久的に理想のフェイスラインを維持することが可能です。注射を続けるとその効果が長続きするので、人によっては10ヶ月ぐらい維持することができます。施術した後は基本的に日常生活をおくることができますが、施術した当日はサウナを利用するのはやめておいた方が良いでしょう。洗顔や洗髪・入浴は当日から利用することができ、アルコールは控えておきます。メイクは注射した直後からでき、48時間以内マッサージはおすすめできません。